明日は晴れでしょう

タロット占い師・七星naoのマニアックな世界

シンプルな幸せ

占いというジャンルには多種多様な占術があり、そこにスピリチュアルなモノも含めるとすでに飽和状態とも言えるジャンルかもしれません。占いやスピリチュアルで人生が変わるのではなく、

 

占いやスピリチュアルを利用して、自分というパーソナリティの新たな発見を重ねることが、新たな人生を歩むきっかけになるだけです。

 

よく、縁結びやおまじないの類もそうなんですが、安易に手を出す前に『なぜ結ばれたいのか』『本当にこの道で幸せを得たいのか』という一旦立ち止まることを大切にしてもらいたいんですね。

 

例えば、ですが、、占い師やスピリチュアルリーダーが世間的に幸せかといえば、苦労人が多いジャンルとも言えます。多様な人生経験無くして、他人の人生に寄り添うことも難しいからなのか、なかなか深みのある人生を送っている方が多いです。その中で占いやスピリチュアルという哲学的な部分に救われたことから、お仕事にされている方も多いです。

 

私はちょっと違いますが、人生的には大好きな人を病気で亡くしたり、ストーカー被害に苦しんで会社を辞めたり、色々あったと言えばありました。ただ、それを悲観したことはなく、あくまでも経験の一部というスタンスです。基本的に幸せですし(笑)

 

で、思うのは占いやスピリチュアルが魔法だと思ってほしくないのです

 

魔法はあなた自身が変化したにすぎませんから、占いやスピリチュアルはあくまでそのきっかけでしかありません。あのですね、私が教えとしてイイなと思うタロットの教えも、あくまで哲学であって、皆さん勘違いしてしまうのですが、錬金術は物質では起こりません。

 

これは『意識』で起こることで、それを『現実化』する錬金術と勘違いしてほしくないし、そこへ依存して、変なスピリチュアルモードに入りこんで無駄な時間を過ごしたら勿体ないなぁ、と思うわけです。

 

月のリズムで過ごすことや、宇宙に波動を合わせるとか、そんなのは勝手に身体の細胞やDNAがやってくれているから、無理やりそれがスゴいとか言って、そればかりに傾倒してはあまりにも偏ってしまいます。

 

シンプルな幸せ、とは

 

あなたがただ『なんかふつーに気持ちいいな』と思う日々を生きること

 

です。刺激とかあんまり無いんです。で、意外につまらないんです。だから刺激を求めるために不幸をたまに選択したりするわけです。ジェットコースターは刺激的ですが大好きな私でも5回連続で乗ったら飽きます。たまーに乗るから刺激的なんです。

 

自分の殻を破るとか挑戦するとか、なんでそんなことばかりしたがるのか、私にはよくわかりません。殻なんて破りたくなければ閉じこもっていたら良いし、自分に挑戦することが自分にとって楽しければやれば良いのに、無理して頑張ってやるのは自分に拷問ですよ。

 

今わりに有名なブロガーとかいますが、全てを盲信している方々とか、自分の頭で判断も出来ないのか?と思いますし、そんな人たちがなんとか自分を特別に思いたくて『前世』とか持ち出して来るのにはげんなりします。

 

所詮私たちは、ふつーの人間なんだ、とあきらめた方が身のためです。

 

ふつーの人間であることも認められずに、今の自分を認められますか?

 

シンプルに幸せを感じる極意は

 

『そのままの自分はふつーでなんてことない人間なんだ』

 

と認めてあげることです。そして、ふつーだけど呼吸も出来て、ご飯も食べられて、1日をちゃんと過ごせるなんてスゴいなぁ~♪って褒めてあげて下さい。

 

あなた方が苦しくなる理由。それは『自分が大したことある人間だから、もっと出来るはずだ!』と、見合わない下駄を履きすぎて辛いからなんです。

 

からしっかり教えておきます。

 

あのねぇ、あんたなんて大したことない、ふっつーの人間なんだから、出来なくて当然なの。無理してやるなんて、もう辞めなさい!どーせ、大したことない人間なんだから!

 

リュミエール七星

 

イキイキとキラキラ

友人から素敵なメッセージを頂いた♪

『七星ちゃんがイキイキしていて、イイなぁって思っていたから、現実化したのかも!』

 

ありがとうございます♡

 

普段は会社員のワタクシ。勤め先はラブホテルのフロントで正社員。毎日が楽しくて楽しくて、仕事が本当に大好きで楽しい(≧∇≦*)

入社して、もう少しで1年だけど、辞めたい、、なんて思ったことは一度もなく、逆に毎日仕事に行くのがワクワクする♪

 

再就職するとき、『面白くて楽しそうでワクワクする仕事に就こう!』と決めて3日で見つけて、1週間後には入社していました。

 

それまで、『自分がキラキラして見える見せ方は...』とか考えていたのに、もう今は考えなくても誰かが『楽しそうだね!キラキラだね!』って言ってくれる。そう、楽しければ勝手に輝くように世の中出来ているんだね♪

 

確かに、日勤、中番、夜勤という3シフトをぐるぐるするから、周りからはハード過ぎると思われることもあるけど、3パターンのホテルの顔を見るのは本当に楽しい(^-^)

 

そして各シフトが連携して、はじめてホテルが効率よく回り、売上が上がるんです。

 

って、やっぱり仕事が好き過ぎて、ついつい語りたくなる(笑)

 

言いたかったのは『輝く方法なんかやらなくていい!自分が楽しければ勝手に輝くから♪』ということ(≧∇≦*)見た目じゃないから。これこそ、醸し出すオーラってやつかもしれないね♪

 

 

リュミエール七星

 

批判や愚痴をアイデアへと変化させる

職場のある同僚が、毎日のように特定の上司批判を口にし、『あいつが辞めれば全てが上手くいく』などと、筋違いなことを聞かされ続けて、さすがに私も疲れてきたので、

『だまれ!本人に言え!』

とは、私の性格上言わない主義なので(笑)こんな対抗策に出てみました。

 

それは、私の理想とする仕事の仕方を実践して、相手を巻き込む、、という方法。

 

①仕事中は仕事に集中する。

②とにかく楽しく仕事をする方法を見つける。

③常時、笑顔&微笑みモード

 

昨晩の夜勤は人手不足に加えて、お客様のご来店も多かったので、その同僚は引き継ぐ前の前任者批判がスタートした。

『あいつが仕事してないから、こんなに忙しい。』『仕事しない奴は辞めればいい。』

きた。来たよキタキタ(≧∇≦*)

 

私『そっかー。分かった!じゃあ、何からやるかな!!私、リネン類は全ぶ折るから任しといて!!』

ダダダダダダっと館内を駆け回り、折りが済んでいないバスタオルをざっと160枚回収。21時からフロントスペースで無言で折りまくり、午前3時に終了。

 

同僚『ひまなら日勤でバスタオル折れよ!本当にアイツは何もしない!』

私『ねぇねぇ、私、今日は自分の限界を更新して超楽しいんだけど!160枚だよ!明日は200枚に挑戦だ!自分の伸び代に感動中だよ~♪

同僚『どんだけポジティブなんだよ...』

 

そして、うきゃうきゃ言いながら『次はサラダの仕込みするー(≧∇≦*)』とパタパタ動く私に釣られたのか、同僚はここから奇跡の風呂掃除16室を達成するのでした。

 

成功、、大成功( *¯ ꒳¯*)

 

そして、同僚を褒めちぎり、爽やかに退勤となりました。元々、仕事はよくやってくれるしマメな同僚ですが、やはり批判や愚痴よりは

 

じゃあ、どうするか

 

を行動に移さなければ、何の生産性も生まないと思うのです。でも、頭ごなしに言っても角が立つし、気持ちよく仕事に従事出来ないので、持ち前のバカポジを活かして(笑)巻き込む作戦から、同僚の士気を高める方へとシフトしてみました。

 

とかくこの世は『こんなにやってやってるのに』と思いがちな風潮があったりしますが、仕事などは特に個人差がありますし、意気込みも同じなんて夢のまた夢。

 

何のために仕事をしていますか?

なんて、千差万別なんですから、まず誰かに認められるために仕事をするという意識はナイアガラにでも流しちゃった方が良いです。あと、自分の仕事しやすい環境を作るには、いかに相手と上手くコミュニケーションを取り、妥協するところは妥協するに限ります。

 

こだわりすぎると柔軟性に欠けるので、相手の良い部分も見えなくなって益々イライラします。私も同僚の批判や愚痴を30%は聞きます。聞き流しますけど(笑)

 

私の異名は『聞いているようで全く聞いてない人』ですから(笑)

 

自分が疲弊する前に、展開を変える!そこから新たなアイデアを生み出すことで作業効率だけでなく、周りの関係性も穏やかに変えて行くことが出来るのならば、そうした方が、私は(笑)イイなと思います♪

 

触媒人間な私からの提案でした♪

 

リュミエール七星

 

f:id:lumierenao:20171215004648j:image

 

 

ご縁を頂いて、それをまた繋いでゆく

現在、海老名市と厚木市中心に配布されているフリーペーパー2誌に執筆させて頂いておりまして、どちらも素敵で憧れていたので執筆させて頂けていることに、本当に感謝しております。

 

sakurakentiku.jp

 

cre-ent.com

 

マガジン系やフリーペーパー系への記事執筆は私の中ではずっとやりたかったことで、まさに今こういったカタチで関わることが出来ることは、ありがたいことですし、更なるアイデアも湧いてくる…といった感じで、毎回楽しく書かせていただいております。

 

よく、
「海老名(や厚木)が好きなんですか?」
と聞かれるのですが、最初から大好きというわけではなく、最初はただ住む場所…といったこと以外に何も求めていませんでしたし、出身は埼玉県で20歳で大田区にて一人暮らしをした私にとっては、海老名もずっと「生活の場」という感じでした。

それが一気に変化したのは、近所の接骨院へパートに出始めてからです。
近所に顔見知りや知り合いが増え、外へ出るのが本当に楽しくなってきたんです。スーパーで会っては「こんにちは!」と挨拶をし、ただそれだけでも楽しかったんです。

そして、震災後に知り合った今でも大切な仲間たち・・・

この仲間たちとの出会いが、私には土地への愛着を深めたといっても過言ではありません。今日も近所のショッピングセンター内にあるカフェでコーヒーをを飲んでいると、「何やってるのー!」と笑顔で話しかけてくる声に顔を上げると、その仲間のひとりで、そのままカフェで話まくった後に夕飯も一緒に食べていると、もうひとり仲間が合流して・・という、こんな流れが私は大好きなんです。

 

性別も職種も全く違うけれど、なんか気持ちがつながっている仲間。
「あの店、今度みんなで行こうよ!」「いいね!!」
なんてワイワイ言える仲間がいる世界、それが私の欲しかった世界だったんだなぁ、、と、しみじみ思うのでした。これは震災があったことでつながった縁でした。だから、みんなどこか「人を思いやる」気持ちを持っている人たちなんですね。

 

その後、ボランティア団体で知り合った仲間たちは、もっとまた別の意志をもった方々が多く、その中で街の店舗様や企業様とつながるきっかけを頂いて、私はどんどんと海老名の街に根差していったのです。今、団体は解散しましたが、関わった皆さんはそれぞれが素晴らしい活動や人生を送っていて、私もわが身を振返り、しっかりしなきゃ!なんて思うことも多々あります。

 

こうやって素敵なご縁がつながる中から、こうやって念願の紙面執筆という仕事が、ご縁の中からやってきました

 

誰も知り合いのいない、この土地に来て10年を越え、今。
これから更に発展していくこの街へ、以前の私のように「誰も知り合いなどいない状態」でやってくる方もきっと多くなることでしょう。そんな方々と地域のご縁を結ぶ、そんな活動として私は出来るだけ「幸せ」を感じて頂ける文章を執筆していこうと思っております!

 

リュミエール七星

 

世界を変えるのはあなた!?

子宮委員長はるちゃんとは、少なからずご縁があって(実は)、タロットカードメソッドの教本にはるちゃんの本を教材として付けさせて頂いたという、ご本人公認のメソッドセミナーだったりしたわけです。懐かしいですね♪
あれから、私自身もタロットカードメソッドを改変していく中で、もっとより深い真実を追求していくことを考え、現在は本の出版は紙媒体でなくweb販売にしていくつもりで進めています。時間の都合から亀並みの進み方ですが、どうか気長にお待ちいただけたら、、と思っております。

さて、本題なのですが子宮委員長はるちゃんのブログにこんな記事が上がっておりました。

ameblo.jp

 

いつも思うのですが、彼女は常に真っ直ぐです。
はるちゃんのような常に自分と向き合っている人でも、自分と結婚する!と宣言する中で様々な葛藤を越えていくという部分は、自分に置き換えるとまだまだ出来ることはたくさんあるじゃないか!と我に返る瞬間でもありました。

私はいわゆる「天使系」という系統が得意分野で特に大天使ミカエルというエネルギーから多くの守護と啓示を頂いていますが、わりにバッサリなエネルギーな方でして、あんまり優しくない…というか…叱られそうだけど、、どちらかと言えば「お前はそれで良いのか?」と常々聞かれるような、結果…ですよね…と軌道修正をかけますが、何年も「文字で書け」「文章だ」「本だ!」と言われ続けていながら、それをガン無視して(汗)講師業と鑑定業に勤しんできたのですが、やっぱり違和感はぬぐえなかったのです。

今、それを手放した状態で言えるのは、こうやって文章を書く時間が出来た。この文章を書く、心の余裕が出来た、ということでしょうか。

 

自分の「好き」に向き合う、ということは
それが本当に何の違和感もなく、心地いい状態なのかどうか見極める
ということなんだろう、とはるちゃんの文章からも私の体験からもわかり、
これって実はすごく大切な感覚なんだろうと思います。

ちょっとでも違和感を感じるものは、放っておくとしこりになります。究極的に排除するということではないのですが、より心地いい方向を選択する、ということが人生をゆるやかな上昇カーブへ乗せる秘訣なんじゃないかと思います。

 

また、それを実践して幸せになるのは、何も有名人ではなく自分自身以外にはいない、ということです。人の幸せを間近で見たり感じたりする機会があった、ということは、紛れもなくあなた自身に「つぎはあなたですからね!」というホイッスルなんだと思うのです。

波動というのはきちんと伝染していきます。それは静かな水面に小石を落とした時に広がる波紋と一緒です。近くに居れば伝わるのは早いでしょう、そして次にあなたが幸せな姿を周囲に見せたとき、そこから新たな波紋がまた広がるのです。

 

だから私は笑顔でいたいし、自分を笑顔にしたいんです♪
そうやって笑顔の波紋が広がっていくことが、私がこの地球でやっていく活動だと今はハッキリわかっているから。笑顔になれないときを知っているから、誰でも読める誰でも感じられる方法で、私は笑顔になれる波紋を広げていきたいんです。

 

あなたが笑顔で健やかでいてくれたら、私はそれだけで嬉しいから♪
その笑顔のために、歯医者へ今日も行く私です(≧◇≦)

世界を変えるのはあなた。

世界を作るのもあなた。

理想の世界は夢ではないと知るために。

 

リュミエール七星

 


ボリショイバレエ団「ドン・キホーテ」より第2幕(キューピットのヴァリエーション)

 

好きな言葉

別に名言なんて言いません(笑)

そもそも、座右の銘とかありませんし、そんな大層な生き様でもないですし、普通の会社員ですし、まぁかなりタロットヲタクですが、世界の全人口からみたら『ザ・ふつー』だと思います(笑)

 

そんな、普通Peopleな私がいつか言ってみたいと夢見ている大好きな言葉があります。

 

Merci mille fois.(メルシー ミルフォア)

 

から7年程前、フランスのガルニエ宮でバレエを鑑賞したくて、思い切って渡仏したんです。フランス語など話せるわけもなく、持ち前の怪しい英語と、とにかくジェスチャー(笑)と、実はフランス語は大好きなパリ・オペラ座のダンサーのインタビューから、すこ~しだけ真似して練習していたんです。

 

Bonjour!Merci!Un café, s'il vous plaît.

 

って...無事にコーヒーは飲めましたし(笑)滞在中は毎日ガルニエ宮に行き過ぎて、ガードマンのオジサンとは仲良くなり(笑)チケットセンターのおばさんは『また、あの日本人来た...』と若干恐れられ(笑)ホテルのお姉さんには、私の怪フランス語を理解されるようになり、楽しい日々すぎて、帰りの飛行機で『帰りたくないー!えーん!!(T ^ T)』と泣きまくり、北欧上空でアルコール呑みまくり、成田まで爆睡だったという珍道中を経て、帰国してからフランス語を習ってみたくなり横浜の日仏学院に約2年ほどお世話になりました。

 

クラスを担当して下さっていたセゲス先生は同年代で日本人疑惑が持ち上がるほど日本人っぽく、かなり日本語も堪能な先生でしたが、『ありがとう』の種類という話になったときに、

 

『日本語のどうもありがとう!とか、本当にありがとう!みたいな表現がフランス語にもあって...例えばMerci mille fois.もそう。』

 

すぐ日本語で質問するダメ生徒だった私は(^_^;『先生、どんな意味なの?』と聞いたら

 

『1000回のありがとう』

 

もう、その言葉に『なんてロマンチックなんだろう♡』とフランスの恋人たちの会話を妄想しながら、ひとり身悶えていたのですが、日本語に直したら

 

『本当に、本当に、ありがとう!』

 

みたいな感じなんだと思うの。先生が『ミルフィーユってパイがあるでしょ。あれも一緒でmilleは1000という数、feuilleは葉を意味するから1000枚の葉が折り重なったようなお菓子、という意味なんだよ。』なんて教えて下さって、あまりに素敵な詩的表現に、またまたひとり身悶えたのでした。。

 

そんな素敵な言葉のひとつ

Merci mille fois.

を、大切な人に大切なタイミングで言ってみたいー!なんていう夢などあったりして♪大好きな言葉なんです!

いつも頑張っているあなたへ私から

Merci mille fois!

 

愛情のかたまりだね♪

 

リュミエール七星

 

f:id:lumierenao:20171211060701j:image

 

すべてはパーフェクト!!

最近、無性に自分に対して優しくしてあげたくなりまして、今日は中番で深夜に帰宅してから、ガサガサになっていた踵にたっぷりシアバターミルクをぬりぬりして踵マッサージをしました♪

 

至福です♡幸せで顔がほころびます♡

 

で、ふと薬膳のことを思い出して、踵のガサガサは腎虚だなぁ、、と気づきまして、明日から黒豆クコ茶を職場に持参して、少しずつ補腎をしなきゃな~、という気持ちにもなりました。薬膳習ってて本当に良かった。。

 

そして、仕事帰りにコンビニで見つけて買った、本田健さんの本を読んでいて、もう感激!!

 

強運の法則

強運の法則

 

  

『強運の法則』と言うだけあって、引き寄せの法則と似ているのかな、、と思ったけど、もっと具体的でわかりやすい。

特に『悲しい過去』を『運のいい過去』に変える、という項目には松下幸之助さんの話が書いてあったのですが、物事は見る角度を変えると別物になる、というわかりやすい例えで、タロットカードで言えば大アルカナ12『吊るされ人』なんですね。

 

f:id:lumierenao:20171210041547j:image

 

吊るされ人は自ら吊るされており、表情は穏やか。また頭部には閃の後光がさし、カードを逆さにすると大アルカナ21の世界(完成)のカードになるというトリックが隠されています。

 

f:id:lumierenao:20171210041925j:image

 

つまり、視点を変えることで、

すべてはパーフェクトであることに気づく

という、まさに強運の法則が隠されているんですね。っていうか、これ...何度も講座で教えていた私が実感を伴って知ったとは、これまたラッキーだったなぁ、なんて思います。

 

先日の記事でも書いたように、友人に仕事のことをバカにされたのですが、そのあと仕事について色々と考えてみても、

 

★仕事が大好きで楽しい

★会社も社長も大好き

★社員を大切にしてくれる会社

★やり甲斐もあるし、企画を考えてワクワクするし、即売上に反映して楽しい

千と千尋の神隠しだと思ってるから、お客様はみんな神様として私を成長させてくれる

 

良いことしかない(笑)多少大変なのはどんな仕事でも一緒だけれども、とにかく毎日がスリリングで楽しい!に尽きます。

 

犯罪を犯すようなものでなければ、この世にある仕事はどんな仕事でも、みな素晴らしい仕事であり、必要とする人々がいるから存在していますし、その仕事が世の中から消えれば困る人が出てきます。

 

『こうあらねばならない』というような凝り固まった概念は、個人的な経験や価値観から生まれただけのもので、他者には全く通用も共感も得られないものだ、ということを頭の片隅に置いておかないと、『こうあらねばならない』という呪縛に絞め殺されてしまいます

 

視点を変えれば、人生はいつもパーフェクトであることが分かるんです。

 

お金がない → お金を稼ぐことを学べるチャンスだったり、お金を使わずに自身を満たす方法を見つけるチャンス!

好きな人にふられた → 新たな出会いのチャンスだったり、もう一度自分を愛するチャンス!

毎日がつまらない → 自分の可能性を見つけるチャンスだったり、未知なる創造のチャンス!

 

ある人がこんなことを書いていました。

『私は自分が不幸だとは一度も思ったことがないの。私はただ、上手くいかない方法をたくさん知っただけで、それは財産だわ。』

この言葉を見たときに、ココ・シャネルを思い出しました。私はブランドものには興味がないのですが、唯一CHANELはそのブランド意志が気に入って、香水を3本愛用しています。私生児として生まれた彼女がひとりの女性として、自立をしていく姿がCHANELには表現されており、その力強さは私を何よりも魅力しました。

 

私たちに失敗はなく、それはただの経験。

私たちに優劣はなく、人は皆、平等。

私たちは常にパーフェクトな人生をおくっている。

 

そして、新たに始まる今日も更なるパーフェクトで締め括られる、そんなスタートなんです。

視点を変える、それが幸福な人生の始まり。

 

リュミエール七星