明日は晴れでしょう

タロット占い師・七星naoのマニアックな世界

ザ・母親の嫉妬(娘ばっかり愛されてたまるかバージョン)

ザ・母親の嫉妬(娘ばっかり愛されてたまるかバージョン)

自分をネタにするのは慣れてはいるものの、
やっぱり母親のネタはどこまでも付きまとうもの。
昨日はかなり大きなことに気づいてしまった…


『ザ・母親の嫉妬
(娘ばっかり愛されてたまるかバージョン)』



まず、私の恋愛や結婚が上手くいかなかった理由を見てみました。

f:id:lumierenao:20170110142105j:plain

<根底にある理由>
・ペンタクルの5(正)…疎外感、孤独、孤立、貧困
・カップの10(正)…家族愛、平和、喜び
・ワンドのクィーン(正)…魅惑的、天真爛漫、献身的

<表面に出る理由>
・ペンタクルの7(正)…評価、報酬、軌道修正


面白いですね~。
翻訳するとこんな感じです。

『家族に愛される状態(迷惑がかからない状態)じゃないとダメだし
魅惑的な女性でいることは孤独につながってしまう。』

というのがあるので、表に出てしまう恋愛は

『目の前にある果実(男性)
に手が伸ばせない』




そんな状態を作っていたのは、
『ザ・母親の嫉妬
(娘ばっかり愛されてたまるかバージョン)』

なんですね。

f:id:lumierenao:20170110152353j:plain

小さいころ、今考えると不思議なことが多かったんですね。
母がよく言っていたのが

『あなたが迷惑かけてお父さんが仕事でミスしたりしたら
私たちは食べていけなくなるんだからね。』

要するに、
だから『イイ子で居てください』ってことなんですが
それ以外に私が父と一緒に居ようとすると

『宿題は?』
『もう寝る時間でしょ?』
『大人の話に入ってこないで!』

なんてことを言われて、追い払われていたんですね。
いや、今になって気づいたんですが(笑)
追い払われていたんだねぇ~って。


母は父を独占したかったんですね。
でも、私は父に愛してもらいたかったし
父も私を愛していたからコミュニケーションを取りたかった(であろう)。
それに気づいた母は、自分だけに愛が向かなくなったことに
不満を覚えたんだろうと思いますね。


父に尽くしまくった母だったんじゃないかと思います。
そして私を遠ざけたんですね~。
私はそんなんで、父に甘えるという行為が
よく分からないまま大人になり
結果、男性に『甘える』ということが
よくわからなくなっちゃったんですね。。


で、それが大人になってからの恋愛に影響が出た…と。


世の女の子をお持ちのお母さま方。
あのね。
夫が娘を溺愛しても、妻への愛は無くなりませんからね。
愛情の矛先が子供に行っているようで
自分に向かないことを不安に思わなくて大丈夫ですからね。


そこには色々な不安があるんだと思います。

『最近、抱いてもらえない』
『最近、愛してるって言ってくれない』
『最近、笑ってくれない』

数えたらキリがないくらいに夫が変わったように感じます。
でも、人間が変化していくのは、あなたに安心を感じ
あなたなら素の状態を見せられるという
信頼感なんだと思います。


夫に愛されるには、あなた自身を自分で愛する…
から始めてみてください。

・自分が楽しいと思うことをする
・自分が心地よい環境を作る
・自分を一番に考える


母からの嫉妬で娘が成人後に恋愛も出来ない状態になったら
そのあと、二人で涙を流すことになるんです。
孫の顔だって見られません。
今はピンと来ないかもしれません。
でも、もしそれを今実感している人がいるのならば
父と娘を自由にしてあげて下さい。


私たちは誰にもしばられるものでないんです。
私たちはいつだって自由です。
愛は崇高で美しいものです。

どうかそれを小さなうちから目いっぱい感じさせてあげて下さい。

久しぶりに父とふたりでデートしようかと思います(笑)

★個人鑑定のお申込みはこちらから♪
1/11(水)14-18時で待機しています♪

lumierenao.com